3教会への爆弾攻撃、一家6人が自爆 インドネシア

インドネシア・スラバヤで起きた自爆攻撃の現場の1か所で警備にあたる警察官(2018年5月13日撮影)。

【AFP=時事】インドネシア第2の都市スラバヤの3か所のキリスト教会で13日朝に発生した爆弾攻撃について、警察は、一家6人の自爆によるものだったと明らかにした。また事件について、イスラム過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。 イスラム教徒の人口が世界最多のインドネシアのキリスト教会で発生

ページ上部へ戻る