近畿中・南部で激しい雨…JR一部運転見合わせも 14日にかけ警戒必要

日本列島は13日、西日本から東日本に延びた前線に暖かく湿った空気が流れ込んで大気が不安定な状態となり、近畿中部と南部は局地的に激しい雨に見舞われた。気象庁は、14日明け方にかけて東日本の太平洋側で雷を伴った激しい雨が降るとして、河川の氾濫や土砂災害に警戒するよう呼び掛けた。
 気象庁によると、13日は大阪府熊取町熊取で、5月の観測史上最多となる1時間に39・5ミリの激しい雨を観測。和歌山県でも30

ページ上部へ戻る